新たなる日々へ再発進

新たなる日々へ再発進

債務整理のメリットとデメリット

誰もがしたくない借金ですが、しなければいけない事情もあるかと思います。
少額融資の場合ですと返済も短期で完済出来るのですが、額が大きくなる程に利子も増えなかなか完済出来なくなります。
自分だけではどうにもならない問題に応じくれるのが債務整理です。
債務整理には大きく分けて3種類の方法があります。
1つは、任意整理です。
裁判所を通さずに弁護士や司法書士が貸金業者に交渉してくれるので、周囲にばれる事もありません。
また利息制限法に基づき払い過ぎた利息を今の借金と相殺して返済額を減額する交渉を行ってくれます。
2つ目は個人再生です。
債務を最大5分の1程に減らしてもらい3年〜5年の長期の支払い計画案を裁判所に提出し認可してもらえれば計画案に記載された金額まで減らせ、その期間内に返済が完了すれば債務が一切なくなるという制度です。
多くの場合、土地や家等の財産を手放す必要はありません。
但し、長期間の返済の為、長期的な収入があり返済を継続出来ると判断されなければ手続きが出来ません。
また、完済してもブラックリストに記載されて今後5年以上別の金融会社から借り入れが出来ないといったデメリットもあります。
最後は自己破産です。
裁判所に破産申立書という書類を提出して返済が不可能であると判断されれば税金以外の全ての債務を支払わなくてもよくなります。
デメリットは一定以上の価値がある財産、例えば家や土地等を手放さなければなりません。
いずれにせよ、専門家に相談するのが一番です。

記事を参照する
専門家に依頼するメリット

食事のマナー

生きていく上で必要な食事。
その食事にもマナーというものがあります。
結婚式や食事会などに参加する際、自分では気付かないうちに、食事のマナーを他人に見られていることがあります。
きちんとしたマナーは、すぐには身につかないため、普段から慣れておくと、いざという時に慌てる心配がありません。
最初から完璧を目指すのではなく、テーブルに皿を置く際に音を立てない、猫背にならないよう姿勢に気を配りながら食べるなど、できることから始めると疲れません。
和食の場合、箸の使い方も大切です。
箸で器を引き寄せる「寄せ箸」、器の上に箸を置く「渡し箸」、つかみづらい食材に箸を刺す「刺し箸」などをうっかりしてしまわないよう、注意が必要です。
定期的に箸の持ち方を見直すと、より見た目の美しさを保つことができます。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ